メインコンテンツにスキップ

「台場怪奇学校」へ『ブルース・リー』フィギュアが潜入

IMG 1666

お台場屈指のホラースポット!「台場怪奇学校」へ『ブルース・リー』フィギュアが潜入

お台場のデックス東京ビーチ シーサイドモール4階にある「台場怪奇学校」は、都内、そして日本が誇る超最恐ホラーアトラクションです。海外でも活躍するホラープランナー「幽霊ゾンビ」が監修する超リアル型のホラー体験ができるスポットとしても注目を集めています。

そんな観光にもデートにもおすすめのホラースポットへブルース・リーフィギュアがマダム・タッソー東京を代表して体験してきました!ブルース・リー目線で、恐さ・楽しさの秘密をお届けします

201

呪われた小学校「台場怪奇学校」のあらすじ

施設に到着するなり、入口で記念撮影をはじめるブルース・リーフィギュア♪これからどんな絶叫体験が起きるのか・・ワクワクドキドキ。さて、施設に入る前に、まずは「台場怪奇学校」の物語についてご紹介しますね。

台場怪奇学校は、40年以上前に首吊り自殺をした生徒がきっかけで呪われてしまった学校。校長は失踪し生徒に不幸が訪れ廃校になってしまいました。そして、この学校で霊を見た人は後を絶たず、今では肝試しのスポットになっています。

この「台場怪奇学校」の物語には、重要な登場人物が4人います。アトラクションに入場する際は、この登場人物の中から1人を選び、自分が物語の主人公になってミッションを達成していきます。さらに没入感が増し、怖さもエスカレートしていきます。どの登場人物を選択するかによって、アトラクションの内容が変わり、何度訪れても違う恐怖体験を楽しむことができるのも台場怪奇学校の醍醐味です!

IMG 1667

オリジナリティあふれる演出

それでは早速、館内に潜入しま~す!お客様は台場怪奇学校の生徒となり、入場するときに懐中電灯とお札を渡されます。ライトの明かりを頼りに、お札を使って霊を成仏していきます。
台場怪奇学校は、SAITO∞REAL方式と呼ばれる「暗闇」「変化」「使命」「生音」の4つの要素で構成されています。何通りもの仕掛けやミッションも用意され、カスタマイズされた物語が楽しめるのも魅力です。内部は撮影NGのため、館内の様子はご紹介できませんが、館内の至るところにある、小道具や演出もオリジナル性が高く、病みつきになる魅力にあふれています。

IMG 2128

新しいタイプのリアルなホラー体験

台場怪奇学校は、まさにリアルなホラー体験ができる新しいタイプのお化け屋敷です。一度はトライしてみたいけど、あまりに怖すぎて尻込みしてしまう人には、「魔除けモード」の利用も可能です。「魔除けモード」とは入場するときに渡される懐中電灯の光が通常よりも強力な上、魔除けの鈴がついています。この懐中電灯を持っていると、登場する霊が1/3になり、怖さも和らぐのではないでしょうか!?

ブルース・リーフィギュアも想像以上の怖さに驚いていましたが、恐怖体験だけでなく、ミッションの達成感や館内の演出に大満足の様子でした。是非、みなさんもお台場へきたら台場怪奇学校体験し、その後は、ゴージャスな雰囲気に包まれたマダム・タッソーへお越しください♪